大阪の保険代理店アンサーエージェントからのお知らせです。

安全運転アドバイス ~体調と運転~

| コメント(0) | トラックバック(0)

安全な運転をするためには、体調が及ぼす影響にも注意が必要です。疲れていたり、風邪などで体調が悪いときの車の運転は、注意力や集中力が低下したり、動作が荒くなったりして、事故につながる危険性が高まります。そこで今回は、疲労を中心に体調と運転について考えてみることにしましょう。

                 

 <疲労が運転に与える影響>                                         

 疲労は運転に次のような影響を及ぼします。

 ・疲労の影響は「目」に最も強くあらわれるといわれています。

  そのため、運転にとって重要な「見る」ことの正確さが失われ、

  見落としや見誤りが増えるおそれがあります。


 ・疲労は意識水準を低下させます。注意力や集中力の低下から、

  漫然運転の状態に陥ったり、最悪の場合は、居眠り運転を招くおそれが

  あります。

 ・ハンドルやブレーキ操作などが雑になり、正確さに欠けるようになります。

  また、ちょっとしたことでイライラしたりカリカリしがちなため、運転が荒くなり

  やすくなります。

 ・疲労時は反応が鈍くなるため、危険を認知して判断するまでに時間がかかり

  「空走距離(危険を感じてからブレーキを踏み、ブレーキが実際にきき始める

  までの間に車が走る距離)」が長くなる傾向があります。 


 <疲労のサインを見逃さない>                                       

 疲労は気づかないうちに蓄積されていきますから、運転中に次のような状態が

 あらわれたら、疲労のサインと考えて安全な場所で停止し、休憩をとりましょう。


 ・あくびの回数が増える。             ・瞬きの回数が増える。
 ・目がチラチラし、まぶたがビクビクする。   ・目がショボショボする。
 ・肩が凝ったり、足や腰が重くなる。      ・頭が重くなったり、痛くなったりる。

 ・前方だけに意識が向き、側方や後方を注意するのがおっくうになる。

 休憩をとっても、疲労が軽減されないときは、運転を切り上げることも必要です。


 <疲労防止のポイント>                                       

■十分な睡眠と日常の健康管理

 疲労の大きな原因の一つは睡眠不足ですから、まず十分な睡眠時間を確保することが基本です。加えて、過度な運動や暴飲暴食は避ける、車を運転する前日の飲酒はほどほどにするといった日常の健康管理も大切です。また、疲労の原因が風邪などの疾病にある場合もありますから、疲労がなかなか抜けない、疲労の感覚がいつもと違うと感じたときなどは、医師に相談するのもよいでしょう。

■無茶な運転をしない

 スピードの出し過ぎや強引な追越し、対向車の直前の右折などの無茶な運転は、緊張を高め疲労をもたらす原因となります。また、イライラ運転や先急ぎの運転なども疲労を早めますので、常に余裕のある気持ちで運転することが大切です。

■疲れを感じる前に休憩をとる

 ドライブなどで長時間の運転をするときは、休憩のとり方が大切です。疲労があらわれてからの休憩では、からだが回復するのに時間がかかるといわれています。疲れていないから休憩する必要がないと考えるのではなく、疲れないために休憩するのだと考え、早めに休憩をとり、軽く体操をするなどして、からだを動かすようにしましょう。


風邪などで体調が悪い時は運転しない>                                        

 風邪などで体調が悪いときに無理をして運転するのは危険です。発熱しているときはもちろんですが、発熱していない場合でも、咳やくしゃみが出るようなときは、運転に集中できないだけでなく、咳やくしゃみが出るたびに、周囲に対する注意が欠け信号を見落としたり、前車の停止に気づくのが遅れる危険性や、運転操作が不正確になるおそれがあります。そのようなときには予定を変更するなどして、運転はなるべく控えるようにしましょう。

◆薬の服用についての留意点

 風邪や花粉症などで薬を服用する場合、薬のなかに眠くなる成分が入っているものがありますから、医師や薬剤師に相談し、車を運転しても支障がないかどうかを必ず確認しましょう。

路面が凍結しやすい時と場所

| コメント(0) | トラックバック(0)

 冬季は降雪地域や寒冷地でなくても、路面が凍結していることがあります。凍結路面は発見しにくいため、

スリップして初めて気づくということもよくあります。今回は、凍結しやすい時と場所について紹介しますので、

走行中にそのような場所や状況にさしかかったときは、十分に用心して安全運転を心がけましょう。

    

こんな場所が凍結しやすい

 降雪地域や寒冷地でなくても、次のような場所は路面が凍結しやすいといわれていますから、

スピードを落とす、前車との車間距離を長くとるなど慎重な運転を心がけましょう。

 ・橋の上

 ・トンネルの出入口

 ・切り通し(山や丘陵などの間を切り開いて通した道)

 ・山間部などの日陰になっているところ


深夜から明け方は凍結しやすい 

 凍結路面は積雪路面よりもはるかに滑りやすいため、停止距離が長くなるだけでなく、ブレーキやハンドル操作のわずかなミスがスリップを招く危険があります。しかも、凍結路面は見分けにくいために発見も遅れがちになります。気温の下がる深夜から明け方の時間帯や、雨が降った後などは凍結しやすいので、路面の状態に十分な注意が必要です。


トンネル内でも凍結していることがある

 トンネルの中は雨も雪も降らないため、路面が凍結することはないように思えますが、そうではありません。走行車両の落とした雪がトンネル内で凍結していることがあります。積雪地帯や降雪地帯のトンネルを走行するときは、路面の状態に注意を払いましょう。また、長いトンネルの場合は、入口と出口の路面状態が変化していることがあります。入口では凍結していなくても出口は凍結していることがありますから注意しましょう。



年末年始のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

誠に勝手ながら、下記の日程で年末年始を休業とさせていただきます。

休業期間
平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)

年始は平成30年1月5日(金)9:00から営業となります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


なお、緊急時のご連絡につきましては24時間365日受付で対応します。


       事故受付センター 0120-258-365

  おクルマQQ隊(ロードサービス)0120-096-991



2018も皆さまのお役に立てるよう、社員一同精進して参りたいと思います。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

大掃除を断然ラクにする3つのアイテム

| コメント(0) | トラックバック(0)

師走に入り、いよいよ大掃除をはじめる時期がやってきました。大掃除は、リビングをはじめ、キッチン、浴室、トイレ、寝室、玄関など多岐に渡るため、時間も手間もかかる大変な作業です。今回は大掃除を少しでもラクにするため、家事・掃除・住宅アドバイザーの藤原千秋さんにお話をお伺いしました。

 

「大掃除をラクにするためのポイントは、1日ですべてを終わらせようとしないこと。12月に入ったら『今日はキッチン』『明日はお風呂』というふうに、少しずつストレスを感じない範囲で進めていくのがいいでしょう。家族で掃除を分担して、負担を軽減するのもおすすめです」(藤原さん)

 

大掃除は、賢いアイテム選びによって、効率良く時間をかけずにできます。おすすめは次の3つのアイテムです。

 

1.消毒用エタノール

 消毒用エタノールは、油汚れと水汚れの両方落とすことができます。雑巾に消毒用エタノールを付けて、汚れを拭き取るだけです。汚れを落とすと同時に、殺菌、除菌効果も期待できます。

 おすすめの箇所:コンロの油汚れ、冷蔵庫の中の汚れ、押入れの床の汚れ、窓枠のカビ、エアコン汚れなど。ただし、火気厳禁なのでガスコンロの近くでの使用には注意が必要です。革製品、プラスチック製品の掃除には不向きです。

 

2.メラミンスポンジ

 メラミンスポンジは、洗剤を使う必要がなく、水を含ませるだけで汚れを削りとってくれる便利なアイテム。キューブ型やシート状になったものなど、様々な形がありますが、使い勝手がいいのは長方体のタイプです。

 おすすめ箇所:シンクの汚れ、マグカップの茶渋、便器の尿石、浴室のイスのぬめり、網戸の汚れなど。

 

3.セスキ炭酸ソーダ

 ドラッグストアで購入できる、セスキ炭酸ソーダは重曹と同じような洗浄剤ですが、重曹よりも強力に汚れを落とします。使い方は、スプレー容器にセスキ炭酸ソーダ粉末を小さじ半分入れ、そこに水道水250mlを加えて、よく振って混ぜ合わせます。このセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけた雑巾で拭いたり、じかに吹き付けて時間をおいてから水で流してください。 

おすすめ箇所:表札、インターホンについた汚れ、照明スイッチパネルの手垢汚れ(表札、インターホン、照明スイッチパネルは、セスキ炭酸ソーダ水を直接吹きかけないでください)、ドアノブの手垢、照明器具のかさの汚れ、壁面上部のヌメヌメしたほこり汚れ、タバコのヤニ汚れ、シンクや排水溝、三角コーナーのぬめり、魚焼きグリルや調理台の焦げや汚れ、換気扇の油汚れなど。ただし、畳、白木などの木質系の素材、カーペット、アルミ素材の掃除には不向きなので要注意。

 大掃除がラクになるアイテムを賢く使って家をピカピカにし、気持ちよく新年を迎えましょう。

首都圏にはたくさんの地方出身者が住んでいます。そんな地方出身者は、遠くの故郷に住む家族とは、

年に数回しか会えないのがほとんどです。

そんな人たちに知ってほしいのが、スマホやパソコンを使ったデジタルコミュニケーション。実際にどのような活用法があるのか、ソーシャルメディアに詳しい徳本昌大さんにお話を伺いました。

「今までは、遠方に住む家族とのコミュニケーションツールは電話が一般的でした。しかし時間や相手の都合を考えると、連絡が億劫になりがちですよね。でも今はスマホやパソコンを使った、便利なコミュニケーションツールがたくさんあるんです」(徳本さん)


徳本さんが特におすすめするのは「みてね」や「Wepage」などの写真共有ができるアプリ。アップした写真が整理されて時系列のアルバムになり、招待した家族が見られるのが特徴です。家族全員が写真を投稿しあえるので、誰がなにを食べたのか、どこに遊びに行ったのかなど、アプリを見れば簡単に把握できます。

「例えば、親子で参加した運動会の写真をアップすれば、その雰囲気や笑顔が、遠方に住んでいる祖父母の方に伝わります。また、祖父母の方が育てている花や野菜の写真をアップすれば、連絡がなくても元気に過ごしていることがわかります」(徳本さん)

わざわざ文字を入力しなくても、写真をアップするだけなので、ハードルが低く、高齢者の方も始めやすいそうです。

また、スマホを持っていない高齢者の方には、パソコンからも使える「LINE」アプリがおすすめです。

「家族のグループを作り、アルバム機能を利用すれば、同じように写真の共有ができます。写真のほかに、メッセージを送りあえるのはもちろん、時間が合えば、無料でテレビ電話を楽しむこともできます」(徳本さん)

普段から写真を通じて、家族間のコミュニケーションがとれていれば、故郷へ帰ったときには、共通の話題で盛り上がるというメリットも生まれます。

遠くの家族がグンッと身近に感じられるデジタルコミュニケーション。早速始めてみませんか?

以上


※掲載内容の無断転載を禁じます

監修 徳本昌大

ビジネスプロデューサー

 

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。現在、ベンチャー企業の取締役顧問として活躍中。インバウンドのEwilジャパン取締役COOIoT、システム開発のビズライトライトテクノロジー取締役CMOGYAKUSAN株式会社取締役COO。著書は『ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術』(ラトルズ)、『図解ソーシャルメディア早わかり』(中経出版)ほか多数。

http://tokumoto.jp


夏の疲れを癒す森林の持つパワー

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日のように真夏日が続く今日この頃。せっかくの休日も、エアコンのきいた部屋でゴロゴロするという過ごし方をしていませんか?「涼しい部屋で体を休めるのは大切なことですが、たまには少し遠出をして、森林へ出掛けましょう」と、提案するのは、赤坂溜池クリニック院長の降矢英成さんです。

 「森林には、人の体と心を癒す力があることが科学でも証明されています。森林の中を歩いているだけで"気持ちがいい""心がホッとする"などと感じたことはありませんか? それは美しい緑を見たり、風や土、草の感触を感じたりすることで体内のストレスホルモンが減るからです。また、木々が発する香りに含まれる「フィトンチッド」という成分は、心にリラックス効果をもたらしてくれるのです」(降矢さん)

さらに、森林の中で過ごすだけで、免疫機能のひとつである、リンパ球のナチュラルキラー細胞が活発になるという研究結果があるそうです。つまり森林の中で過ごすだけで、自然治癒力が上がり、病気から体を守る力が高まるのです。

 

 森林のそうした効果を得るためには、適した場所選びも重要なポイントです。

「大きな木々がたくさんあり、林道が整備されていて、四季折々の植物に触れられる場所がおすすめです。騒々しいと心身がリラックスできないので、できるだけ人が少ない森林を訪れるといいでしょう」(降矢さん)

森林の中で過ごしたり、歩いたりするだけでも十分ですが、さらに木々の持つパワーを体の中にたくさん取り入れる方法を教えていただきました。

 

 「まず直径1メートルくらいの木を見つけます。その木に背中を付けて軽く寄りかかり、両手のひらは後ろの木に軽く触れます。そして首を後ろに反らし、頭のてっぺんを木の表面に付け、目を閉じて1分ほど深呼吸を繰り返します。頭のてっぺんには百会(ひゃくえ)というツボがあります。そのツボから木のパワーが流れ込むようにイメージするとさらに効果的です」(降矢さん)

 

 週末は日頃の疲れを癒しに、森林へ行ってみませんか?体内に自然のパワーがみなぎり、明日への活力がチャージされるはずです。   

監修 降矢英成

赤坂溜池クリニック院長

 1959年生まれ。東京都出身。東京医科大学卒業。LCCストレス医学研究所心療内科、帯津三敬病院などを経て、

ホリスティック医療の実践の場として赤坂溜池クリニックを開設。森林養生プログラムによる自然治癒力を高めていく活動も展開中。日本心身医学会専門医。日本ホリスティック医学協会会長。著書は『カラダとココロの自然療法』(エイ出版)、『森林療法ハンドブック』(東京堂出版)ほか多数。

http://www.holisticmedicine.jp/clinic.html


  

夏期休業のご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼を申し上げます。


誠に勝手ながら、2017年8月11日(金)~8月15日(火)まで

株式会社アンサーエージェントは夏期休業期間とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

 

なお、緊急時のご連絡につきましては24時間365日受付で対応します。

下記連絡先までお電話頂きますようお願い申し上げます。


          事故受付センター 0120-258-365

  おクルマQQ隊(ロードサービス) 0120-096-991


線が強い季節は、日傘や帽子、UVクリームでしっかりガードをしても日焼けしてしまいます。日焼けしてしまった肌は元に戻らないのでしょうか? 

国際薬膳調理師の坂井美穂さんによると、食事によって、ダメージを受けた肌を回復に導くことができるのだそうです。

日焼けは肌が炎症を起こしている状態なので、炎症を和らげるには熱を冷ます作用のある食材がおすすめです。キュウリ、

トマト、スイカ、メロン、バナナ、キウイは肌に必要な水分を補いながら熱をとってくれる働きがあります。またクレソンやゴーヤも似た作用があるので摂り入れたい食材です。

日焼けによるシミを予防したいときには、コマツナ、パセリ、アズキ、黒豆、鮭、プルーン、ブルーベリー、サフランがおすすめ。中医学では血の汚れがシミを作ると考えられているため、血の巡りを整えることが大切です。これらの食材は、血行を促して血をきれいにする作用があります。

日焼けによる肌の乾燥を防ぎたいときには、豆腐、ナシ、ビワ、レモン、ココナッツ、プーアル茶がおすすめです。肌に必要な水分を補ってくれる効果があります。

今回は坂井さんに日焼け後のダメージ肌を回復させてくれる、とっておきのレシピを教えていただきました。
思わぬ日焼けをしてしまった後には、賢い食材選びがポイントです。ダメージ肌を体の内側からケアしてあげましょう。

「バナナとパクチーのサラダ」

ポイントバナナが体の中の余分な熱を冷まし、松の実が肌をみずみずしく整えます。

ハチミツは肌や腸内に水分を与え、クミンは胃や腸の動きを助けるので、細胞の修復を促してくれます。

<材料>

バナナ...1本  パクチー...60g  松の実...大さじ11.5

・ドレッシングワインビネガー...大さじ1/2   

   レモン果汁...大さじ1.5

オリーブオイル...大さじ2

ハチミツ...小さじ1

クミンパウダー...小さじ1/2

塩、コショウ...適量

<作り方>

1.バナナの皮をむき、一口大の輪切りにする。パクチーを水でよく洗い、包丁で根の部分を切り落とす。

2.ドレッシングの材料をすべてボウルに入れて混ぜ、その中にバナナとパクチー、松の実を入れて混ぜ合わせれば

できあがり。                                                           以 上 

監修 坂井美穂

国際薬膳調理師、料理研究家

サカイコーポレーション代表。パリコレクションなどのショーを中心にモデルとして活動。国際薬膳調理師の資格を活かし、

体の中からあふれる美しさや健康を追求したフレンチ薬膳を提案。薬膳レシピを企業やレストランなどにも提供している。

著書は『かんたんフレンチ薬膳 体の内面から美しくなれるレシピ58』(主婦と生活社)。

http://www.french-yakuzen.com

いつまでもおいしい食事を楽しむために、口の健康を保つ方法

 

何歳になっても食事を楽しむためには、健康な歯を保つことが欠かせません。また、歯は噛むこと以外にも、話すこと、笑うことなど日常生活のさまざまな場面に関わっています。そこで普段から心掛けたいのは、口の中を健康に保つために「唾液」を増やすことだと、歯科医師の井手真理さんは話します。

「唾液には、口の中を清潔に保つための抗菌作用や殺菌作用、消化を助ける作用、骨や歯の発育を促進する作用、
虫歯で溶かされた歯を修復する作用などがあります。ところが年齢を重ねると、そんな大切な働きを持つ唾液の量が
減ってきてしまうのです」(井手真理さん)

そのため、口の中をいつまでも健康に保つためには、唾液の分泌量を増やすマッサージをすることがおすすめなの
だと、井手さんはアドバイスします。今回は、大きな唾液腺のある耳下腺(じかせん)、顎下腺(がっかせん)、舌下腺
(ぜっかせん)のマッサージ法を教えていただきましょう。

 

◎耳下腺のマッサージ

両耳たぶのやや前方部分の頬に、両手の人差し指、中指、薬指、小指を当てます。そして指全体を使って、時計回りにクルクルと回すように動かします。これを20秒ほど続けましょう。

 

◎顎下腺のマッサージ

両耳の下を両手の人差し指、中指、薬指、小指の指先で、5秒間押します。次に親指であごの下のラインに沿って
下あごの先に向かって押しながら少しずつ動かし、5秒間ずつ押していきます。これを5回ほど繰り返します。

 

◎舌下腺のマッサージ

下あごの先を両手の親指の指先を使って5秒間押します。これを5回ほど繰り返します。

 

そのほか唾液の分泌量を増やすためには、噛む回数を増やすことも効果的です。食べ物を口に入れたら、30回ほど
噛むクセをつけましょう。

また、深い呼吸を繰り返すと、自律神経が整って唾液が増えます。5秒かけて息を吐き、5秒かけて息を吸い、5秒間

息を止めましょう。この呼吸を夜寝る前に行うだけでも口の中が潤ってくるはずです。

 

虫歯予防にもなるこれらのセルフケアを、さっそく今日から始めてみましょう。

             以 上  


監修者 井手真理

歯科医師 イデア デンタルクリニック代表 http://www.idea-dental.com

平成15年に広島大学歯学部を卒業し、一般歯科・小児歯科・審美歯科・噛み合わせ治療などの診療に従事する。平成23年より日本免疫治療研究会会長のミトコンドリア博士・西原克成先生の西原研究所でミトコンドリア免疫療法を学ぶ。平成27年にイデア デンタルクリニックを開院し、(社)国際予防医學推進協会を設立。長女の出産を機に次世代の母親に向けての

活動を開始し、現在までに200回以上のセミナーワークショップ・フィールドキャンパス等の企画運営を行う。                

「五月病」を和らげるツボ押し術

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゴールデンウィークが明ける頃になると、多くの人が感じる五月病。一般的に、新年度になって新しい仕事や行事に追われ、ゴールデンウィークにようやく一息ついた途端に疲れが吹き出して起こるものだといわれています。

 

そんな五月病について、「東洋医学では、『肝』の働きが低下することで起こると考えられています」と解説するのは、鍼灸美容研究所こきゅう南青山院長の土井ひろこさんです。

 

「東洋医学でいう『肝』とは、肝臓の機能だけでなく、"精神や感情の安定"や"気(エネルギー)の流れの調節"なども含む体の機能をさします。『肝』の働きは春になると活発になりますが、春から初夏へと移り変わる5月になると『肝』に疲れがたまるようになり、その影響で、精神や感情が不安定になってやる気が出なくなったり、気の流れが悪くなって元気が出なくなったりして五月病が起こるのです」(土井ひろこさん)

 

どうやら五月病とは新年度の忙しさだけでなく、季節の変化にともなう「肝」の働きの停滞にも原因があるようです。そこで今回は、の働きを助けて五月病を和らげるのに役立つツボを、土井さんに教えていただきましょう。

 

◎疲労感・ストレス・イライラ対策のツボ「太衝(たいしょう)」

足の親指と人差し指の甲側にある骨を指でたどっていくと、甲の中央付近で骨が交わります。その交わる部分のくぼみが「太衝」というツボ。このツボを、息を吐きながら指で少し強めに、「痛気持ちいい」と感じる程度に10秒間押しましょう。これを左右の足それぞれ3回ずつ行うと、「肝」の機能が整い、疲労感やストレスが緩和されます。

 

◎精神の不安定・不眠対策のツボ「内関(ないかん)」

手のひらを上に向けると、手首にシワがあります。そのシワに合わせるようにして、反対の手の薬指を乗せ、中指、人差し指も手首に乗せましょう。人差し指が置かれた位置のすぐ隣に「内関」というツボがあります。このツボを、息を吐きながら指でやさしく、「気持ちいい」と感じる程度に10秒間押しましょう。これを左右それぞれ3回ずつ行うと、「肝」の気の流れと内臓機能が整い、精神の不安定や不眠が和らぎます。

 

こうしたツボ押しに加えて、梅干しやかんきつ類などの酸味のある食べものをとることも「肝」の働きを助けて五月病を解消するのに役立つそうです。ぜひあわせて取り入れてください。

以 上
Copyright (C)2011 Life ad partners co.,ltd. All Rights Reserved.